白藤屋菓子舗

京都府 宮津の手土産と言えば創業110年の白藤屋菓子舗さん。
a0157155_14314286.jpg

そんな白藤屋さんの和菓子は私にとっての宮津の味で
今回、特別に作業中の撮影をお願いしました。

幼い頃、亡くなった祖母に、これはお客さんに出すもんやで
食べたらあかんでと言われたことを思い出します。

三つの茶室からなる京数寄屋造りのお店に一歩入ると
本日の和菓子が出迎えてくれます。
a0157155_14331712.jpg

現在4代目の芳生さんは祖父の下で修業し、
白藤屋菓子舗の伝統と歴史を守り続けています。
a0157155_14414021.jpg

a0157155_16181488.jpg

白藤屋菓子舗を支える職人の皆さん。
1つ1つ丁寧な作業で和菓子を作り上げていきます。
a0157155_1442175.jpg

a0157155_14423119.jpg

職人さんの真剣な眼差し、静かに流れる手作業の音
a0157155_1443381.jpg
a0157155_14431632.jpg

こうして白藤屋菓子舗の和菓子が生まれていきます。
a0157155_14454111.jpg

a0157155_1446071.jpg

お店の片隅では先代達がひっそりと見守っていました。
a0157155_14502328.jpg

[PR]
by kiaora-nz | 2012-09-29 16:20
<< 2012 大江山雲海 ツバメの旅立ち >>